所長|芝知美 ブログ

ホーム > 対話のチカラ 代表芝知美のブログ
  • 【士業向け】家族信託の基礎知識


     

    平成29年10月13日
    弁護士・税理士・社労士・司法書士の各種士業の先生方向け
    勉強会にて、「家族信託の基礎知識」と題して
    1時間、講師を務めました
     
     

    各士業が連携して一つの案件を扱う
    ワンストップサービス
    を実現するには、日頃から信頼できる先生方と
    のつながりをもつことが重要。
     
     

    多士業の集まる勉強会は貴重な場です
     
     

    ともに知識を深めつつ、実務の問題点等もさまざまな
    視点から議論できる
     
     

    質問をいただくことで、講師である私自身の理解も
    深まります。
     
     

    まぁ、終わった後は飲んだくれますけども・・・
     
     

    貴重な機会をありがとうございました

     

     

  • 民事信託士検定をうけてみた


     
     

    「民事信託士」なるものを知っておる人はあまりいない
    と思いますが、 現在上記検定を受けております。
    この3連休は検定試験のため東京におりました~。
     

     

    民事信託士とは、一般社団法人 民事信託士協会がつくった
    任意の資格
     
     

    ブログでもよく取り上げている家族信託は
    民事信託士の資格がなくても起案できるもの
    ではありますが、自分の知識をもっと深める
    ためにも検定を受けてみよう!っとなったわけです。
     

     

    ちなみに受験資格は司法書士・弁護士のみとなっております。
     

     

    1.5月に検定申込
    2.基礎問題(100問)、事例問題が送られてきまして
    回答を7月中旬までに送付
    3.第一次答案につき、検定委員のみなさんから再考して
    欲しい点があれば、メールで送付
    4.9月中旬までに再考回答を送付
    5.10月に検定プログラム2日間を受講
    6.検定プログラムを踏まえて10月末までに
    最終答案を提出    ← いまここ
    7. 年内に合否通知
     
     

    事例問題は契約書の起案です。

     
     

    いやはや、正直なめてましたね。
    こんなにガチな(難しい)問題が出るとは・・・!!
     
     

    検定プログラムは倫理等の授業もあるのですが、
    グループに分かれて事例問題に対する起案のディスカッション
    があり、着眼点の違いや、予測するリスクへの防御策
    など、自分では思いついていなかったアイデアを
    たくさんいただいて、非常に有意義なものとなりました。
     
     

    働きながらこのボリュームの検定をうけるのは
    大変ではありますが、検定をしてくれている側の
    一般社団法人民事信託士協会のみなさんも
    全員弁護士・司法書士・税理士等なので、
    自分の仕事のある中問題を作って、採点して、
    準備してと、こりゃもう、偉く大変ですよね。
    感謝でございます。
     
     

    民事信託士協会の皆様の後輩を育ててやろう!
    という労力が無駄にならないためにも、
    最終答案をしっかり仕上げたい
    と思います(^-^)

     

  • やる気を引き出す言葉~PEPTALK


     

    9月24日(日)グランシップにおいて
    私も所属しております、メンター静岡 主催
    協力 世の中を変えるお母さんの会
     
     

    「PEPTALK
    やる気にさせる・やる気を引き出す魔法の言葉」
     
     

    の講演会が開催されました。
     
     

    私は司会をつとめました。
    450名満員御礼となりました。
    ご参加いただいた皆様、ありがとうございました♡
     

    PEPTALKって知ってますか?
     

    監督がロッカールームで試合前、
    選手たちに激を飛ばします。
     
     

    負けるな。失敗するな。
     
     

    というのは、悪いぷっぺトーク。
     
     

    お前たちならできる!
    大丈夫!
     
     

    短く、でも魂のこもった言葉を贈るのが
    PEPTALK
     
     

    講演の中で引用されていた映画ミラクルのPEPTALK
    は心が震えました。
     
     

    メディエーションでも否定的な言葉を
    肯定的な言葉に変えるトレーニングを行いますが、
    PEPTALKもまさにそれ。
     
     

    YouTubeで世界中のPEPTALKが
    アップされていますのでぜひチェックしてみてください。

     

     

  • 渉外登記

    昔から
     
    「関心のある分野を持つと、同じような案件がやってくる」
     
    という、不思議な現象がよくあります。
     
     
    引き寄せの法則が働いているのでしょうか?
     
     
    このところ、外国籍の方が関わる登記の依頼が
    増えています。
     
     
    買主が台湾人の方だったり、
    相続人が英国籍を取得した元日本人だったり、
    国際結婚をした方の相続であったり。
     
     

    外国籍の方(在日、在外含む)、
    もしくは外国在住の日本人の方が
    当事者として関わる登記は
    「渉外登記」と呼ばれています。
     
     
    渉外登記はそろえてもらう添付書類が異なっていたり、
    日本の法律を使うのか、それとも
    その方の国の法律を使うのか、場合によって分かれたりする
    ため、専門的な知識と経験が求められる分野です。
     
     
    NPO法人渉外司法書士協会
     
     
    渉外登記に強い司法書士になるために
    渉外司法書士協会に入って、
    勉強と情報収集をしております。
     
     
    国によって法律も違うし、注意点も異なる。
    うむむ。奥が深い・・・・!!!
     
     
    とりあえずは英語を話せるようになり、
    渉外登記をばしばし受任できるように成長するぞ。
     
     
    と、ここで公言して自分を追いこむことにしよう(^-^;;

     

  • LEGO®Serious Play®


     


     


     
     

    8月18日にRcafeしずおかが開催されました。
    定員30名・満員御礼でした!
    キャンセル待ちが出るほどの人気講座となりました。
     

     

    今回は千葉県司法書士会 西尾先生をゲスト講師に
    お呼びして、LEGO®Serious Play®
    という聞きなれないワークショップをおこないました。
     
     

    LEGO Serious Playとは
     
     

    同じテーマでも人によってさまざまな形になり、
    自分の内面がこんなにも現れるなんて不思議!!
     
     


     
     

    企業の組織力を高めるために活用されたり、
    管理職への社員教育に
    取り入れられたりしています。
    家庭も組織。活用できますね。
     
     

    もっと深く学びたい講座でした。
    西尾先生、ありがとうございました!!

     

  • 【税理士向け】家族信託の基礎知識


     
    平成29年8月1日 TKC藤枝支部にお招きを受け
    「家族信託の基礎知識」と題して
    講演をしてきました。
     
     
    家族信託を使った事業承継のスキーム等
    会社経営者の方々からご相談を受けることが
    多い税理士の先生方に特にご活用いただける
    家族信託をご紹介してきました。
     
     
    質問も多数いただき熱心に聞いていただけました。
     
     
    このところ家族信託のご相談を毎週のように受けております。
     
     
    信託は税理士の先生とチームを組んで行う
    手続きです。
    輪がさらに広がっていけたら心強いです。

     

  • 【不動産会社向け勉強会】成年後見制度・家族信託の基礎知識


     
    平成29年7月5日 不動産会社にて
    「成年後見制度・家族信託の基礎知識」
    と題した勉強会を開催しました。
     
     
    特に家族信託については
    初めて知ったという方が多かったため
    新しい知識が増え、今後のお客様とのお話に
    役立てていただけたら嬉しいです。

     

  • 身寄りのない成年被後見人の入院・死亡 6


     
    前回からの続きです。
    カテゴリー「仕事」から過去の分は
    ご覧になれます。
     
     
    火葬の段取りがついた後、納骨のためお寺に連絡。
    火葬当日に納骨をしたかったが、お寺の都合で
    どうしても翌日でないと
    納骨でできないことに。
     
     
    火葬には当法人から私と事務スタッフ、包括支援センターの方、
    支援者の方、友人が参列しました。
     
     
    Aさんの遺骨は納骨まで事務所に安置せざるを得ない。
    オフィスビルに突然喪服姿で遺骨を運んでくる
    怪しい一行(私)
    周囲のみなさんにギョッとされる。
     
     
    翌日、無事納骨できました。
     
     
    Aさんは多少の現金を遺産として残しました。
     
    Aさんには相続人がいないため、
    この財産の処分が問題となります。
    後見人としては処分権限がありません。
     
     
    後日、後見人としての役目を終えるため、
    後見事務報告書と報酬付与を家庭裁判所に
    提出。
     
     
    合わせて、
    相続財産管理人の選任申立てを家庭裁判所に提出。
    当法人が相続財産管理人に就任しました。
     
     
    相続人がいない場合には、相続財産管理人を家庭裁判所に
    選任してもらい、相続財産管理人が相続財産の処分等
    を行うことになります。
     
    法に定められた手順を行った後、
    財産が残った場合には、最終的に国庫へ帰属します。
     
     
    ということで、
    成年後見人→相続財産管理人と
    役目を変えつつ、現在も手続きを粛々と行っております。

     

お問合せ・面談のご予約はお気軽に | 初回相談無料 | 土・日・祝 面談応相談 |

メールでのお問合せはこちら

to top