所長|芝知美 ブログ

ホーム > 対話のチカラ 代表芝知美のブログ
  • every.しずおかにて生活保護に関する取材を受けました

    令和3年2月25日放送の夕方のニュース番組
    「every.しずおか」の生活保護特集にて取材を受けました。
     
     

    たまたま取材時期、「生活保護支援ネットワーク静岡」の相談員が
    私だったため、当法人に取材に来ていただいたという流れ。
     
     

    放映後、相談電話が増え反響があるようです。
     
     

    私が生活保護や生活困窮の相談を受けていて思うことは、
    相談者(利用者)と行政の意思疎通の難しさです。
     
     

    1時間ほどの取材が編集され切り取りされて放映されましたので
    行政の対応を非難しているように聞こえたかもしれませんが、
    私の言いたかったことは、行政の対応が(一方的に)悪いとか
    水際作戦を食い止める!とかそういうことではなく
    (もちろん申請をさせないという対応はダメなことは前提として)
    行政と利用者のコミュニケーションをもっと円滑にし
    現状を理解しあうことをまず始めなくてはならないということです。
     
     

    現在コロナ禍でさまざまな支援制度が出来ていますが、
    担当する部署が違ったり、要件も異なり、複雑でわかりにくくなっています。
     

    複雑な制度を説明する側も、利用する側も、言葉が足りなかったり、
    意思疎通が出来ていない、知識がないなどの原因で
    正しい運用を行政が行っていたとしても、利用者側から見れば
    拒否されていると受け止めてしまったり、お互いに今の状況が理解しあえず
    適切な支援につなげられなかったりして不具合が生じています。
    これは行政側の説明不足や利用者側が話を聞いていないなど
    お互いのコミュニケーションエラーの問題であるように思います。

     

    また特集でも触れていましたが縦割りの行政のわかりにくさも
    利用者にとっては負担になっていると思います。
    ここは行政の皆さんもやりにくさがあるのではないでしょうか。
     
     

    様々ある支援制度をわかりやすく説明する
    行政から言われた内容の意味をかみ砕いて説明する
    なぜそれができないのかという理由を、法律に基づいて説明する

    私が担当した相談の多くは上記のように、「説明」をすることで
    解決しています。

    もちろん中には法的な対応が必要な案件が寄せられます。
    その場合には私たちが同行して支援することになります。
     
     

    コロナ禍もあり、生活が困窮する方々は増えています。
    今後はますます増えていくと予想されますので、
    生活保護の申請等でお困りのことがありましたら
    生活保護支援ネットワーク静岡にご相談ください。
     
     
    平日 9時から17時まで無料電話相談を行っています。
    当番制で司法書士・弁護士が対応します。

    生活保護支援ネットワーク静岡
    電話 054-636-8611

     

  • 【保険会社向け】相続・生前対策の実務


     
     
    令和3年2月16日 生命保険会社にて
     
     
    「相続・生前対策の実務」と題して勉強会を開催しました
     
     
    皆さんのクライアントを想定してもらい、
    民事信託、遺言、任意整理など法的な手続きについて今までの
    私の経験を交えながら解説しました。
     
     
    1時間と時間が短かったので、一つ一つを深くはお話しできませんでしたが
    概要はつかんでいただけたのではないかと思います
     
     
    今回は総論
    次回からは各論ですね
     
     
    引き続きみなさんのお役に立てるように
    頑張ります。

     

     

  • 【士業向け】遺言について


     
     
    令和3年2月2日
     
     
    税理士・弁護士・社会保険労務士・司法書士等各種士業で
    行っている勉強会にて講師を務めました
     
     
    久々のリアル勉強会
    もちろん感染対策は万全に行いました。
     
     
    テーマは「遺言」
     
     
    昨年7月に始まった「自筆証書遺言保管制度」を中心に
    公正証書遺言と自筆証書遺言の違い、
    実務上のデメリットや注意点、
    どちらを作成したほうがいいのか、それぞれの方法が向いている方について
    みなさんと議論しました
     
     

    自筆証書遺言保管制度を利用している方は、昨年末までで
    12631人(令和2年7月から12月)
    今後はますます増えそうですね。
     
     

    相続登記義務化の議論も進んでいます。
    相続に関連する分野は今後も法律の改正等動きがありますので
    目が離せません。
     
     
    最新情報をアップデートしましょう

     

  • 【司法書士募集】私たちと一緒に働きませんか?

    【芝事務所では司法書士資格者を募集しています】
     
     
    今年合格した方々を含め、現在他の事務所に勤務されている方、
    現在は個人事務所を経営しているけど、自分の働き方や今後を
    考えて法人で勤務を希望する方など、経験がある方も
    大歓迎です
     
     

    当法人は登記はもちろんのこと、民事信託(家族信託)等生前対策、
    破産や再生などの債務整理にも力をいれており、
    学べる環境が整っております。
    また先輩司法書士が複数在籍していますので、
    聞きながら案件を行い、成長が出来る事務所です。
     
     
    子育て等でフルタイム働けない方は時短勤務にも応じています。
     
     
    詳しくは当法人の採用情報をご覧ください。
     
     
    皆様のご応募お待ちしております

  • 年末年始休暇のお知らせ

    本日仕事納めです。

    今年も大変お世話になりました。

    今年はコロナという予測できなかった敵と戦った1年でしたね。
    先の見えない不安はありますが、そんな中でも前向きにやって行きましょう。

    当法人は令和2年12月29日から令和3年1月6日までお休みです。
    来年は1月7日より通常営業します。

    来年も皆様のお役に立てる事務所であるように
    成長し続けます。

    どうぞよろしくお願いします

     

  • 【司法書士資格者求人】私たちと一緒に働きませんか?


     
     
    昨日はクリスマスイブ
     
     
    そして司法書士試験の第1次合格発表の日!!
     
    合格された皆様、おめでとうございます。
     
     
    今年は特にコロナの影響で試験日程が変更になったり
    さまざまな困難があったと思います。
    そんな中勝ち取った1次試験合格は本当に素晴らしいですね。
     
     
    体調に気を付けて、口述試験も頑張ってください
     
     
    【芝事務所では司法書士資格者を募集しています】
     
     
    今年合格した方々を含め、現在他の事務所に勤務されている方、
    現在は個人事務所を経営しているけど、自分の働き方や今後を
    考えて法人で勤務を希望する方など、経験がある方も
    大歓迎です
     
     
    当法人は登記はもちろんのこと、民事信託(家族信託)等生前対策、
    破産や再生などの債務整理にも力をいれており、
    学べる環境が整っております。
    また先輩司法書士が複数在籍していますので、
    聞きながら案件を行い、成長が出来る事務所です。
     
     
    子育て等でフルタイム働けない方は時短勤務にも応じています。
     
     

    詳しくは当法人の採用情報をご覧ください。
     
    皆様のご応募お待ちしております

  • 【司法書士向け】調停センター”ふらっと”によるもめない相続~遺産分割調停の実務~

    令和2年12月5日(土) 静岡県司法書士会にて

    「調停センター”ふらっと”によるもめない相続~遺産分割調停の実務~」

    と題して講演会を行いました
     
     

    リアル研修会には40名限定
    その他はZOOMを使った配信研修会です
     
     

    講師もZOOMを使って事前録画
    デジタル化は一気に進みましたね~。
     
     

    静岡県司法書士会調停センター”ふらっと”は本年8月に変更認証を受け
    弁護士助言型調停センターに生まれ変わりました

    今後は特に遺産分割調停に力を入れていきたいと思います。
     
     

    本来だと大々的にお披露目会を企画していたのですが、
    コロナ禍でそれが出来ず、調停自体の受付も見合わせるという波乱の幕開けとなりました
     
     
    出鼻をくじかれた感は否めないのですが、

    11月より受付を再開して、コロナ感染予防に配慮しながら対応していくことに

    なりました。
     
     

    「もめない相続」のために、”ふらっと”で話し合いしてみませんか?

  • 【全員向け】成年後見人と18歳成人について

    令和2年12月3日(木) 居住支援セミナー
     
     
    特定非営利活動法人WAC清水さわやかサービス様にお招きを受け
    講演会を開催しました
     
     

    コロナ感染対策はばっちりしたうえでのリアルセミナーです。
     
     

    テーマは「成年後見人」と「18歳成人」
     
     

    2022年から成人年齢が18歳になります。
    それに伴い、2022年から18歳から成人となり、
    単独で契約をしたり、お金の借入をしたり、建物を借りたりすることが出来るようになります。

     
     
    法律の知識や社会経験がないことを狙って
    悪質な契約を締結させたり、物を売りつける悪い業者もいます。
     
     
    契約をする前に立ち止まってよく考える。
     
    わからなければ契約する前に法律家等のアドバイスを受けましょう。

     

  • 講演会のお知らせ~成年後見人と18歳成人について


     
    寒くなってきましたね。
     
    体調崩さないよう気をつけましょう
     
     
    さて、本日は講演会のお知らせ
     
    こちらリアル研修となっています。
    オンライン対応はありません。
     
     
     
    令和2年12月3日(木) 13時半から16時
     
    令和2年度国土交通省居住支援法人活動支援事業
    居住支援セミナー
     
    会場 静岡市民文化会館 大会議室
     
    主催 特定非営利活動法人WAC清水さわやかサービス
     
     
    プログラム
     
    1.居住支援法人の活動状況について
    ① 居住支援法人 天竜厚生会
    ② 居住支援法人 WAC清水さわやかサービス
    2.講演「成年後見人と18歳成人について」
        司法書士法人芝事務所 
    代表司法書士・民事信託士 芝 知美

     
     

    お問い合わせ・申し込みは054-340-3456
    WAC清水さわやかサービスまで

     

  • 【金融機関向け】債務整理の実務~個人再生・自己破産を中心に

    父の著作本 懐かしい。

    法改正があったため、手続きは変更された部分がありますが、
    自己破産等を受任するうえでのマインド、これまでの歩みなど
    今でも破産手続きにおけるバイブルだと思います。
    特に新人の司法書士の皆さんには読んでほしいです。

     

    令和2年10月21日 金融機関の行員の方向け

    「債務整理の実務~個人再生・自己破産を中心に」

    と題して勉強会を開催しました

     

    今回はリアル研修。若手の皆さん中心に熱心にメモをとりつつ

    聞いてくれていたことが印象的

     

    コロナ禍で先の見えない状況が続き、廃業やリストラ等も
    増えてきました。
    人生設計が大きく狂ってしまった方々もいるでしょう。
    今後、任意整理・自己破産・個人再生等の法的な手続きを
    せざるを得ない方も増えてくると思います。

     

    毎年借金を苦にして自殺をしてしまう方がいます。

     

    借金の問題は必ず解決できます。

     

    声を上げられない。助けてと言えない。どこに相談したらいいのかわからない。
    そういう小さなサインを発見できるのが、金融機関の皆さんだと思います。

     

    借金問題の解決=命を救うこと

     

    「借りたものは返す」ことは大切なことですが、
    どうしても返せなくなったときに、早めに法律家につなぐ役目を担ってもらえたら
    嬉しいです。

     

お問合せ・面談のご予約はお気軽に | 初回相談無料 | 土・日・祝 面談応相談 |

メールでのお問合せはこちら

to top