所長|芝知美 ブログ

ホーム > 対話のチカラ 代表芝知美のブログ
  • 【アパートオーナー向け】民事信託の基礎知識

    令和2年8月23日(日)に

    一般社団法人老後安心サポートセンター様にお招きを受け

    久々のリアル研修会の講師を務めました

     

    もちろん新型コロナウイルス対策は万全に!

     

    透明マスク(?)初めて付けました。
    始めはムズムズしますが、慣れれば便利ですね~

     

    マスクをつけての講演会も今後のスタンダードになるのでしょうか?

     

    民事信託を中心とした生前対策についていくつかの事例を用いて
    説明させていただきました。
    やはり生講義だと、参加者の皆さんの表情や雰囲気、うなづきなど、
    非言語部分がわかりやすく伝わってくるので、
    その空気感により、講義内容を調整しやすいし、やりやすいですね。

     

    今後はオンライン研修も増えていくとは思いますが、
    こうして感染対策をきちんとして、リアルセミナーも継続していきたいと
    感じました。ご参加いただきありがとうございました

     

  • 債務整理専用サイト&芝事務所のブログ、開設しました

    暑い・・・・。連日猛暑ですね。

    今年はマスクが手放せないので、余計暑い・・・。

    みなさん、倒れないようにしましょうね。
     

     

    さて、お知らせが遅くなりましたが
    債務整理専用サイトと芝事務所のスタッフブログを開設しました。

     

    芝事務所日記

     
     

    特にブログは私を含む所属司法書士とスタッフが(ほぼ)毎日日替わりで

    連載しています。(平日限定)

    司法書士事務所の勤務あるあるから債務整理の知識まで

    いろいろな内容を記載してますのでぜひご覧ください。

     

     

     

     

  • 自筆証書遺言書保管制度が始まりました


     
     

    最近の司法書士的ホットトピックスといえばこちら

     
     
     

    「自筆証書遺言書保管制度の開始」
     
     
    自筆証書遺言とは、直筆で書かれた遺言書のこと。
     
     
    誰にも知らずに手軽に作成ができ、費用も掛からないという
    便利な遺言方法ですが、手軽さゆえに
     
     
    *亡くなった後、発見してもらえない
    *紛失してしまった
    *誰かに改ざんされてしまった
     
     
    などトラブルもありました。
     
     
    そこで始まったのが「自筆証書遺言保管制度」です。
    令和2年7月10日より運用スタート。
     
     
    全国の法務局(取り扱える法務局が決まっています)にて、
    自筆証書遺言を預かってくれます。
    こうすることで、紛失や改ざん等を防ぎ、
    安心安全に次世代へ思いを伝える
    ことが出来るようになります。
     
    私もさっそく依頼者に同行して遺言書を法務局へ預けてきました。
     
    自筆証書遺言を法務局に保管してもらうと、
    今まで遺言者が亡くなった後必要だった
    家庭裁判所の検認手続き
    をする必要がなくなります。
    つまり、亡くなった後すぐに遺言に基づく財産の承継が可能になります。
     
     
    保管申請費用は3900円。安さも魅力ですね。
     
     
    手続をするには事前予約が必要で、申請書に記載したうえで、
    遺言書原本等必要書類を持参する必要があります。
     
     
    ただし、あくまでも保管をおこなうのみなので、
    遺言の内容についてのアドバイスや
    文案についての相談は行っていません。
    また本人が顔写真付きの身分証明書(運転免許証等)を持参したうえで
    窓口に出向く必要があるので、施設等に入居され
    出向くことが難しい方は利用できません。
     
     
    実際に同行してみての感想は、便利な反面、公正証書遺言と違って、
    公証人等第三者のアドバイスやチェックが入らないので、
    より慎重に文案を作成し、
    確認する必要があると思いました。

    多くの方に利用してもらいたい制度だと思います。

  • 医療機関へマスク5000枚を寄付しました


     
     
    メンター静岡の仲間たちと資金を出し合って
    医療機関へマスク計5000枚を寄付しました。
     
     
    静岡県立こども病院
    静岡市立病院
    静岡県立総合病院
    静岡済生会総合病院
    静岡赤十字病院
     
     
    各1000枚ずつ
     
     
    代表して芝と若杉さん、石原さんで
    各病院にお届けしてきました。
     
     
    医療従事者のみなさんへ心から感謝を申し上げるとともに
    一日でも早く新型コロナウイルス感染症が収束するように
    一人一人が自分たちでできることを行っていきましょう。
     
     

     
    明日もコロナの相談会を開催しています。
    明日(5/9)は芝が担当します。
    ご活用ください
     
     

  • 「新型コロナウイルス生活困りごと電話相談会」を開催します


     
     
    令和2年4月25日(土)から5月30日(土)までの
    毎週土曜日 10時から17時まで
     
     
    + ゴールデンウイーク(5月3、4、5、6日)は毎日
     
     
    新型コロナウイルスに関する生活困りごと電話相談会
    を開催します。
     
     
    生活困窮、借金、その他のお困りごと
    *コロナウイルスの影響によることが明確でなくてもかまいません。
     
     
    電話 054-289-3704
     
     
    主催 静岡県青年司法書士協議会
     
     
    当法人も相談員として参加しています。
    みんなで力を合わせて乗り切りましょう!

     

  • 自筆証書遺言~法務局での遺言書保管制度の手数料が公表されました

    今年7月より自筆証書遺言(手書きで書いた遺言書)を
    法務局が保管してくれる制度が始まります。
     
     
    法務局に遺言書を保管することにより、自筆証書遺言の紛失を
    防ぎ、亡くなった後必要な「検認」も行う必要がなくなります。
     
     

    保管代金が公表されました。
     
     
    http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00010.html?fbclid=IwAR0yoLPSxc5RNXPXQypaODpBYjkZztrorjZrpuTMuNc1Gsaf5DmFsQIDrP8
     
     
    1件につき3900円
     
     
    安い。
     
     
    公正証書遺言だと何十万円(財産価額による)と費用が掛かる場合も。
     
     
    手書きをしなくてはいけない(財産目録等一部は除く)
    本人が法務局に出向かなくてはいけない
     
     
    などの条件もありますが、これを機に広く遺言を残すことが
    当たり前になる文化がはぐぐまれるといいですね。

  • オンライン面談、対応しています。~当法人のコロナウイルス感染予防対策

    都市部に緊急事態宣言が発せられました。
    静岡県内は対象地になりませんでしたが、
    毎日感染者の方が増えている状態です。
    今は我慢の時。
     
     

    相談者の皆様を守るためにもスタッフを
    守るためにも以下の対策を行っています。
     

     

    1.オンライン面談、対応しています。
     
     

    ZOOM、skype等を利用したオンライン面談に
    対応しています。
    新規のお客様はもちろんのこと、
    現在ご依頼をいただいている方も
    オンライン面談等に切り替えることができます。
     
     

    遠慮なく申し付けください。
     
     

    オンライン面談ができない方の場合、
    通常通りの面談も対応します。
    その場合には換気の良い部屋で30分以内の面談と
    させていただきますのでご了承ください。
     
     

    2.静岡県外の方の本人確認
    (当法人の司法書士の出張での本人確認)

    を当面の間自粛させていただきます。
     
     

    静岡県は感染者の多い地域(東京、名古屋、大阪)
    に囲まれているため県外へ出張しての本人確認等面談は
    感染リスクを増大させてしまいます。
    しばらくの間は県外への出張は致しません。
     
     

    代わりに本人限定郵便での本人確認等、
    ほかの対応策を行いますので

    業務には支障をきたしません。
    ご理解いただけるようお願いします。

     
     

    3.電車通勤を止め、自動車通勤に切り替えました。
    電車で通って勤務するスタッフを自動車通勤に切り替えました。
    (一部遠方のスタッフは新幹線通勤)
     
     

    4.手洗い、うがい、マスク着用、除菌の徹底
    炭酸次亜塩素酸を事務所で購入し、除菌の徹底に努めています。
     
     

    上記に併せて、今後リモートワークの導入、出社日数の調整等も
    検討していきます。
     
     

    今が踏ん張り時。大変なことが多いと思いますが、
    どうにか乗り越えていける道を
    みんなで探していきましょう。

  • 新型コロナウイルス感染症に基づく相談(情報・3.25)

    新型コロナウイルス感染症の影響が大きく出始めています。
    私も講演の予定がキャンセルになったり、企画をしていた研修会が延期になるなど
    いろいろな影響を受けています。
    出口が見えない中、不安が尽きないと思いますが、
    力を結集してどうにか乗り切りましょう。
     
     
    以下、本日現在の対応策をまとめました。
    ご活用ください。
     
    【日本政策金融公庫】
     
    新型コロナウイルス 特別貸付
     
    【厚生労働省】
     
    新型コロナウイルスに関するQ&A
     
    雇用調整助成金について
     
    【法務省】
     
    定時株主総会の開催について
     
    新型コロナウイルス感染症の影響により借金等の返済が困難になった方へ
     
    新型コロナウイルス感染症に関連して、相続放棄等の熟慮期間
    の延長を希望する方へ
     
    新型コロナウイルス感染症に関連して、イベントや旅行が中止に
    なった場合のキャンセル料等に関する留意事項について
     
    新型コロナウイルス感染症に関連して誤った情報に基づく
    不当な差別、偏見、いじめについて
     
    【消費者庁】
     
    新型コロナウイルスを口実にした消費者トラブル
     
    【社会福祉協議会】
     
    生活福祉資金貸付制度
    最大80万円が無利子保証人なしで貸付可能です
    (償還免除あり)

     

お問合せ・面談のご予約はお気軽に | 初回相談無料 | 土・日・祝 面談応相談 |

メールでのお問合せはこちら

to top