社会貢献

ホーム >社会貢献

公益的活動

世の中の事象において法律家に無関係なものなどない。

世の中の事象において法律家に無関係なものなどありません。
私たちは法律家としての自覚を持ち、自分たちができることを続けていきます。

東日本大震災 気仙沼巡回法律相談

平成23年3月11日、日本人にとって忘れえない日となりました。

震災直後の3月25日、司法書士の有志6名とともに
救援物資を積みこみ被災地に向かいました。
何もできることはないかもしれないけれど、
とにかく自分たちができることを行動に移していこうと思いました。
宮城県気仙沼市にて避難所を巡り、法律相談を開始しました。
その後、静岡県青年司法書士協議会の事業となり、
毎週土日、宮城県気仙沼市で避難所・仮設住宅を巡って、
巡回法律相談を続けてきました。

平成24年12月末まで静岡県青年司法書士協議会、
静岡県司法書士会、社団法人リーガルサポートと合同で、
静岡県から 毎週3名の司法書士相談員が派遣され、
仮設住宅等を巡って法律相談を続けています。
現在も有志にて活動は継続されています。

「継続」は力です。
復興までの長い道のりを少しでも支えられる力になるように、継続していきます。

対話の文化を発信する〜ADR
対話の文化を世界に発信する!

「話し合う」ことは、非常にシンプルで大きな力を秘めています。
しかし非常に難しいことでもあることは、
みなさんも実感するところではないでしょうか。
コミュニケーション、メディエーション(*)を学ぶことで世の中から
もめごとを少しでもなくしていく活動を続けています。

2か月に1度、
静岡県青年司法書士協議会主催の勉強会(R-caféしずおか)を開催しています。
どなたでも参加できますので、お気軽にお問合せください。

*メディエーションについて

静岡県司法書士会調停センター“ふらっと”

その他にも生活保護同行支援(ボランティア)等行っています。

お問合せ・面談のご予約はお気軽に | 初回相談無料 | 土・日・祝 面談応相談 |

メールでのお問合せはこちら