JeS[y[W

「相続」カテゴリーアーカイブ

【相続/Q3】亡母を介護したので、遺産を多くもらえますか

Question

亡母を介護したので、遺産を多くもらえますか。

 

Answer

多くもらえる場合もあります。

 

長年献身的に介護を続けてきた方からすれば、面倒を見なかった遠くに住む兄弟よりも
多くの遺産を相続したいと考えてもおかしくはないと思います。

 

被相続人(亡母)の生前に、被相続人の財産を維持したり
増加したりすることに特別の貢献をした相続人がいる場合、被相続人の
遺産分割協議の際にその貢献分を考慮するため、
民法には「寄与分」という制度が定められています。

 

寄与分として認められた場合には、他の兄弟よりも遺産を多くもらえることになります。

 

寄与分を受ける資格は相続人に限定されています。

義理の母親を献身的に介護したとしても、養子縁組をしていない限り、
相続人ではないため、寄与分の主張はできません。

 

【相続/Q1】12月1日に長年連れ添ったパートナーが亡くなりました。
不動産の名義変えは3か月以内にしなくてはなりませんか。

Question

12月1日に長年連れ添ったパートナーが亡くなりました。
不動産の名義変えは3か月以内にしなくてはなりませんか。

Answer

期限はありません。
ただし1年以内に名義を変えることをお勧めします。

 
不動産の名義人が亡くなった場合、必ず相続登記を行わなくてはなりません。
相続登記は相続税の申告と違って、申請期限がありません。
ですので、いつでも相続登記の申請を行うことができます。
 
ただし、長年不動産を亡くなった方の名義のままにしておくと、
相続関係が複雑になる恐れがありますので、
亡くなった後1年以内を目安に相続登記を行うことをお勧めします。