スタッフブログ

ホーム > 任意整理をしていますが、いつブラックリストから削除されますか?

任意整理をしていますが、いつブラックリストから削除されますか?

 

任意整理の返済が終わってから早くて5年後にブラックリストから削除されます。

 

毎月の借金やローンの支払いなどが大変になり、弁護士や司法書士といった法律家に任意整理を依頼した場合、各債権者に債務整理を開始した旨の通知を出します。

 

債権者が信用情報機関に債務整理が開始したことを報告すると、信用情報機関の登録情報に事故情報として登録されてしまいます。

 

これがいわゆるブラックリストに登録されているという状態です。

 

事故情報が登録されると、新たに金銭を借入したり、クレジットカードを作ったりローンを組んだりすることができなくなります。

 

現在使っているクレジットカードなどもいずれ使えなくなる可能性があり、各種支払いをクレジットカードで支払っている場合は、銀行口座への引落や支払い用紙による払込へと変更しなければいけなくなります。

 

ずっとこのような状態が続くわけではなく、一般的には任意整理による返済が終わってから5年から10年ほどで事故情報が削除されます。

 

信用情報が気になる場合は、信用情報機関に自身の情報を書面として取り寄せしたり、ダウンロードをして比較的簡単に確認することができます。

 

事故情報が削除されるまでには長い年月がかかり、ある程度制限された生活をしなければなりません。

 

そうならないためにも、借入をしたりローンを組んだりする場合は、金銭的にある程度余裕をもって行い、先を見越した返済計画をきちんと立てていくことが重要です。

 

債務整理を行うと様々なことが制限されてしまいますが、もし疑問に思っていることがある場合は芝事務所までお気軽にご相談ください。

                                        司法書士 三浦和弥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合せ・面談のご予約はお気軽に | 初回相談無料 | 土・日・祝 面談応相談 |

アクセス方法はこちら

to top