スタッフブログ

ホーム > 債務整理をするとクレジットカードを作ることができなくなるとのことですが、代わりに使えるカードはあるのでしょうか?

債務整理をするとクレジットカードを作ることができなくなるとのことですが、代わりに使えるカードはあるのでしょうか?

 

分割払いができない等、色々な制限がありますが、デビットカードなら基本的に審査がないので債務整理をしても作ることができます。

 

債務整理をすると信用情報機関にその情報が登録されます。

 

貸金業者やクレジット会社はその情報を基に顧客を審査して契約を締結するかどうかを決めるため、債務整理をすると5年~10年間はお金を借りたりクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることができなくなります。

 

長年クレジットカードを使用していて、あまり現金を持ち歩きたくない人にはカードがないと不便に感じる人がいるかもしれません。

 

そこで、契約締結時に審査がなく、カード決済機能が付与されていて便利なのがデビットカードです。

 

デビットカードを利用すると登録された銀行口座から即時に現金が引き落とされますので、現金と同じ感覚で使用することができます。

 

クレジットカードのリボ払いや分割払いでは、利息に代わるものとして高額な手数料を取られてしまい、これが積み重なり返済困難になって債務整理を選択する人が多いです。

 

デビットカードでは即時一括払いになるため手数料が発生せず、お金の管理もしやすくなります。

 

しかし、口座にいくら入金されているか常に把握はしておかなければいけませんので注意が必要です。

 

また、デビットカードはETCカードとしての機能を付与することができませんので、高速をよく利用する人はETCパーソナルカードを作るという方法があります。

 

債務整理を行うと色々不便なことがありますが、代用できる方法もありますので、お悩みの方は是非芝事務所までご連絡ください。

司法書士 三浦和弥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合せ・面談のご予約はお気軽に | 初回相談無料 | 土・日・祝 面談応相談 |

アクセス方法はこちら

to top