スタッフブログ

ホーム > 自己破産後に自分の信用情報を確認するにはどうすればよいですか

自己破産後に自分の信用情報を確認するにはどうすればよいですか

 

Aさんは自己破産をして数年経ちます。

自己破産後の生活も安定してきたため、クレジットカードを持ちたいと思っていますが、クレジットカード会社の審査に通らないのではないかと不安になっています。

自己破産をすると信用情報機関に自分が破産したという記録が残るとききましたが、自分の情報を確認するにはどうすればよいでしょうか。

 

自己破産をすると信用情報機関に事故情報が登録されます。

自己破産をすると信用情報機関(銀行や消費者金融、クレジットカード会社などが、貸付先が信頼できるかを確認するための情報を持つ機関)に事故情報として登録されます。

信用情報機関に登録されている期間は、免責許可決定確定後5~10年程度(信用情報機関により期間が異なります)なので、この期間はクレジットカ―ドやローンを利用することができなくなります。

 

信用情報機関の登録情報を確認する方法

各信用情報機関には、「信用情報開示制度」があり、開示請求の手続をすれば、自分の情報を確認することができます。

 

信用情報機関によって、手続き方法の違いがありますので、詳細は各信用情報機関のWebサイトで確認してください。

 

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

株式会社 シー・アイ・シー(CIC)

株式会社日本信用情報機構

 

司法書士 永野昌秀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合せ・面談のご予約はお気軽に | 初回相談無料 | 土・日・祝 面談応相談 |

メールでのお問合せはこちら

to top