詳細ページ

ホーム > 債務 > 破産 > 【破産/Q14】自己破産をすると保証人にどのような影響が出ますか?

【破産/Q14】自己破産をすると保証人にどのような影響が出ますか?

question
 
自己破産をすると保証人にどのような影響が出ますか?
 
answer
 
原則、自己破産による影響を受けるのは自己破産をした本人のみです。
ただし、借金をした際に保証人がいる場合は、保証人に影響が出てきます。
 
債権者は、債務者が万が一返済できなくなった場合に備えて保証人
を確保しています。債務(借金)に保証人が付いている場合、
債権者(金融機関など)は保証人に対して返済を求めることになります。
 
あなたが自己破産の申立てをして、債務返済の責任を免除されても、
保証人はあなたの代わりに借金を返済する義務があります。
 
しかも、債権者との契約上、支払いが滞った場合には分割払いが認められなくなる
ことが多いため、保証人へは一括で請求される可能性が高いです。
(最終的には分割払いに応じる債権者も多いです)
 
 
もし保証人に支払い能力がなかったり、支払いが困難な状況にある場合、
保証人についても自己破産等の債務整理を検討する必要があります。
 

お問合せ・面談のご予約はお気軽に | 初回相談無料 | 土・日・祝 面談応相談 |

メールでのお問合せはこちら

to top