スタッフブログ

ホーム > 気持ちを共有するということ

気持ちを共有するということ

 

「久しぶりだね!びっくりしたよ!」

こんにちは。大石です。

 

つい先日、仕事終わりに駅に向かって歩いていたら
学生時代の友人とばったり会いました。

 

その友人はコロナの流行で会わないことにして
いただけでなく、特に用がなければ連絡しなく
なってしまった人の一人でした。

 

私は嬉しさのあまりつい足を止めてその場で
しばらく喋ってしまいました。

(もちろんマスク着用のうえ屋外で十分な距離を保ちました)

 

その日の帰り道の足取りは軽かったです。

 

 

長期間「不要不急の外出自粛」と言われています。

 

気持ちがふさぎ込んで「不要不急の連絡」まで自粛してしまっていませんか?

 

テレビ電話などで顔を出して話すことは
ちょっと勇気がいりますが、

「楽しい」「嬉しい」など気持ちを共有し、

「この気持ちは私だけではないんだ」と気が付くことだけでもふさぎこんだ気持ちが少し楽になるかもしれません。

 

それではまた次回。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合せ・面談のご予約はお気軽に | 初回相談無料 | 土・日・祝 面談応相談 |

メールでのお問合せはこちら

to top