詳細ページ

ホーム > 遺言相続 > 相続 > 【相続/Q32】相続人に未成年の子がいるときは?

【相続/Q32】相続人に未成年の子がいるときは?

question
 
 
相続人に未成年の子がいるときはどうすればいいのでしょうか?
 
 
answer
未成年者一般的な法律行為は親権者が未成年者の法定代理人として
未成年者の代わりに意思決定等をします。
 
 
相続手続きで未成年者とその親権者が遺産分割協議をする場合、
利益相反行為に該当するため、未成年について、遺産分割協議を
するための特別代理人選任を申立て、家庭裁判所で選任してもらいます。
 
 
相続人である親権者と家庭裁判所で選任された特別代理人が
遺産分割協議をすることになります。

お問合せ・面談のご予約はお気軽に | 初回相談無料 | 土・日・祝 面談応相談 |

メールでのお問合せはこちら

to top