詳細ページ

ホーム > 遺言相続 > 相続 > 【相続/Q19】【民法改正】配偶者居住権を遺贈した場合に、残された配偶者の相続分が減ることはありませんか?

【相続/Q19】【民法改正】配偶者居住権を遺贈した場合に、残された配偶者の相続分が減ることはありませんか?

question
 
 
配偶者居住権を遺贈した場合に、残された配偶者の相続分が減ることはありませんか?
 
 
answer

 配偶者が配偶者居住権の遺贈を受けた場合には、その財産的価値に相当する金額を
相続したものと扱われます。よって、居住建物以外の財産から配偶者が取得できる
相続分は、その分減ることになります。
 
 
ただし、あなたと配偶者が婚姻してから20年以上の夫婦である場合は、
配偶者居住権を遺贈しても、原則として遺産分割で配偶者の取得する相続分が
減らされることはありません。
 
 
 配偶者が配偶者居住権を取得しても、これを除外して相続財産として評価し、
遺産分割協議をしていくことになります。
 (民法第1028条3項で民法第903条4項の規定を準用しています。)
 (相続Q15を参照して下さい)

お問合せ・面談のご予約はお気軽に | 初回相談無料 | 土・日・祝 面談応相談 |

メールでのお問合せはこちら

to top