芝知美 ブログ

ホーム > 身寄りのない成年被後見人の入院・死亡 3

身寄りのない成年被後見人の入院・死亡 3


 
 

前々回、前回からの続きです。
 
 

ケア会議を開いて、今後の方針を決めた後、
ようやっと入院中の洗濯等の手伝いをしてくれる
ヘルパーさんの手配が整う。
 
 

ヘルパーさんとの契約を結ぶ。
 
 

ここまでで入院から2週間
他の仕事も詰まっているなか時間を作らなくては
いけないので結構ハードです
 
 

余談ですが、当法人のように複数の司法書士がいて
複数のスタッフがいても、緊急時に時間を
捻出するのに四苦八苦しているので、
一人事務所等、人数のいない事務所で後見業務を
担うのは大変だろうなぁと思う。
 
 

Aさんが私の顔を見てうれしそうに笑う
絶食が続いているためやせ細っているが
この日は体調がいいのか、目が開き話もできている。
 
 

私「Aさん、そろそろ帰るよー。また来るからね」
 
 

Aさん、寝ながら手を差し出す。
 
 

私、手を握って握手。
 
 

Aさん「絆だよ、きずな(ニコッと笑う)」
 
 

ぐっとくる。
 
 

後見は確かに業務として引き受けているものだけど、
ビジネスライクに決められた手続きだけをこなせばいい
というものではない。
人と人とのつながり。
そして場合によってはその人の人生の終わり方
に寄り添う重要な役目だ。
 
 

Aさんの事案は正直ここにはかけないいろいろなことが
あって、結構ヘビィな案件であるが、
無邪気な笑顔を見ると、
私がしっかり最後まで面倒を見なくては、と思う。
 
 

つづく

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合せ・面談のご予約はお気軽に | 初回相談無料 | 土・日・祝 面談応相談 |

メールでのお問合せはこちら

to top