芝知美 ブログ

ホーム > 未来型国家エストニアの挑戦

未来型国家エストニアの挑戦

無題

本日は書籍のご案内
 
みなさん、エストニアという国をご存知ですか?
 
国土は九州程度。人口も約131万人
ヨーロッパにある小さな国です。
 
おとぎ話に出てくるような街並みで
バルト三国と呼ばれ観光地になっています。
 
1991年ソビエト連邦より独立回復をした後、
ICTとバイオテクノロジーに資本を集中し
電子政府を確立しています。
最も先進的なデジタル社会を実現した国とされています。
 
 
日本でもマイナンバー制度が導入され
目指す方向は間違いなくエストニアと同じく
電子政府であり、デジタル社会の実現
 
ネットがあれば世界中の人々と無料で繋がれる
Skypeはエストニアで誕生しました。
私も他県の方との会議によく使っています
 
Skypeはインターネットを通じたグローバルな
通信の「壁」を破壊し、世界を変えました。
 
デジタル社会は人々の生活を劇的に変えようとしています。
 
その変化に私たちの職業はついていけるのでしょうか?
 
 
多くの職業が淘汰され、想像もつかない職業が生まれていく
そんな時代がすぐそこまで来ています。
 
未来の社会にわくわくすると同時に
怖くもなる一冊。

 

2 thoughts on “未来型国家エストニアの挑戦”

  1. この次のブログでこの事を丁度、書くつもりでした。すなわち、時代が弱者の仕事を奪って居る事を!

    1. ダボ・イトウ様、コメントありがとうございます!

      技術の発展により便利になる一方
      あまりに早い変化のスピードについていけなくなる
      多くの人々の生活を考えていかなくてはいけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合せ・面談のご予約はお気軽に | 初回相談無料 | 土・日・祝 面談応相談 |

メールでのお問合せはこちら

to top