芝知美 ブログ

ホーム > 手話通訳という仕事

手話通訳という仕事

IMG_2714

2月19日(金)はRcafeしずおかの開催日でした。
18名のみなさんにご参加いただきました
 

今回は「手話通訳という仕事」と題して有限会社ダイキョー
の太田寿巳社長にご講演いただいました。

 

例えばある聾者の方へ
 

「朝ごはん、食べた?」
 

と聞きます。
 

「ううん、食べていないよ。パンなら食べたけど」
 

と真顔で言われてしまった。
 

(もちろん聾者の方全員が上記反応ではないです)

 

朝ごはん、食べた?と聞かれたら一般的には
バナナを食べようが、ヨーグルトだけであろうが、
パンを食べようが、「食べた」と答えるでしょう。
 

 

ところが先ほどの質問の聾者の方は
朝「ごはん」=「お米」と思ったのです。
朝ごはんは食べていないけど、パンは食べた。
正しいことを伝えています

 

日本に生まれたころから暮らしていても
日本語でのコミュニケーションの土台が
うまく一致していない。
 

考え方や発想が違う。
 

単純に日本語を手話で表せば意味が通じると
思っていたので、衝撃をうけました
 

手話と日本語ってもう全く別の言語なんですよね。
 

伝わる様に瞬時に手話に変換して会話を
成立するようにお手伝いをする
・・・・・なんて大変なんだろう
 

通訳者だからおせっかいはしない
(自立を促すために通訳者自身の意見等は言わない)
 

伝わる様に変換して当事者の会話をスムーズにする
 

メディエーターの役割にも共通するところがありますね!
非常に勉強になりました!太田さん、ありがとうございました

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合せ・面談のご予約はお気軽に | 初回相談無料 | 土・日・祝 面談応相談 |

メールでのお問合せはこちら

to top