詳細ページ

ホーム > 不動産登記 > 【不動産登記/Q8】根抵当権と抵当権の違いを教えてください

【不動産登記/Q8】根抵当権と抵当権の違いを教えてください

Question

抵当権と根抵当権の違いを教えてください。

 

Answer

根抵当権は、抵当権の一種であって、根抵当権者と債務者との間に生じる

「不特定多数」の債権を担保するものです。

抵当権と根抵当権は、

担保する債権が特定(→抵当権)
担保する債権が不特定(→根抵当権)

に大きな違いがあります。

 

根抵当権は「特定」の債権を担保する抵当権とは異なり、
「極度額」と呼ばれる一定の枠内(金額)で反復継続される取引
を担保することができます。

企業取引に対し、頻繁に借り入れや返済をする場合、
その都度抵当権を設定するのは煩雑であるため、根抵当権が認められました。

 

よって、根抵当権の債務者は法人や個人事業主など事業者が多いことも
抵当権の債務者との違いになります。

お問合せ・面談のご予約はお気軽に | 初回相談無料 | 土・日・祝 面談応相談 |

メールでのお問合せはこちら

to top