詳細ページ

ホーム > 遺言相続 > 遺言 > 【遺言/Q1】遺言は財産が多い人だけが残せばいいものでしょうか?

【遺言/Q1】遺言は財産が多い人だけが残せばいいものでしょうか?

Question

遺言は財産が多い人だけが残せばいいものでしょうか?

Answer

財産の金額にかかわらず、以下の場合には遺言を残すことをお勧めします。
 
① 離婚・再婚等の経験があり、相続関係が複雑な場合
② 兄弟姉妹しか相続人がおらず、複数の相続人が存在する場合
③ 相続人が存在しない場合

 
遺言は亡くなった方の意思を相続人に伝えるためのものです。
親族同士が相続でもめる姿は誰でも見たくありません。
また相続人がいないとなると、残った財産等の処分が行われず
周囲の人に迷惑をかけることもあります。
財産の額に関係なく、行わなくてはならない手続きは同じです。
 
「争族」にさせないためにも遺言を残しておきましょう。
それが相続人のためにもなります。

お問合せ・面談のご予約はお気軽に | 初回相談無料 | 土・日・祝 面談応相談 |

メールでのお問合せはこちら

to top