芝知美 ブログ

ホーム > 身寄りのない成年被後見人の入院・死亡 4

身寄りのない成年被後見人の入院・死亡 4


 
前回からの続きです。
過去のブログはカテゴリー仕事から遡ってください。
 
 
入院すると緊急連絡先を登録しなくてはいけない。
身寄りがないわけであるから、当然緊急連絡先は
私の携帯となる。
 
 
主治医からは「胃がんは進行しているものの、
今すぐ命の危険のある状態ではない」と説明を受けていた。
 
 
絶食が続いたAさん。
熱が引いて食事が再開された。
「食事をとれるようになり、体力がついて、施設に戻ること」
これが、当面の目標である。
私はこのまま順調に食事が取れれば、施設に戻れるかもしれない
と淡い期待を持った。
 
 
数日後、深夜2時半、携帯が鳴る。
私は就寝中で気づくことができなかった。
早朝6時、再び携帯が鳴る。
起きて出ると、Aさんが亡くなったと
いう病院からの連絡だった。
 
 
病状が悪いながらも快復に向かっている
(真の意味の快復はないにしても)
と思っていただけに心底驚いた。
 
 

「何時に病院に来れますか」
 
 
看護師さんに聞かれる。
自宅から病院までは車で約40分の距離にある。
寝ぼけていた頭が急にフル回転する。
今日の仕事の段取りとやらなくてはいけない
ことが次々と浮かぶ。
 
 
「すぐに行きます」
 
 
慌てて病院に向かう
 
 
続きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問合せ・面談のご予約はお気軽に | 初回相談無料 | 土・日・祝 面談応相談 |

メールでのお問合せはこちら

to top